白髪染めを長持ちさせる方法についてお答えします。

白髪染めを長持ちさせる方法

一般的な白髪用のヘアカラー剤で染めた場合は髪の内部にまでしっかりと色が入るのでおよそ2ヶ月〜3ヶ月はもちます。 ただし、この期間は普段の手入れによって短くもなるし、長くもできます。

白髪用のヘアカラーで白髪を染めた後は薬剤の影響でキューティクルが開いた状態です。 キューティクルが開いたままだと髪の毛のタンパク質や水分がどんどん出て行ってしまうので髪の毛が傷む原因ともなりますし、色落ちも早くなるのでトリートメントをしてキューティクルを閉じないといけません。

白髪を染めた後のトリートメントの頻度としては毎日が理想です。面倒だなーと思うかもしれませんが白髪染めを長持ちさせるにはこれが一番効果的な方法です。洗い流すタイプのトリートメントがいいんじゃないかと思います。

今人気の白髪用ヘアマニキュアの場合は、およそ2週間〜3週間しか色が持ちません。毎日シャンプーするたびに色落ちするといってもいいぐらいなので、髪が染まった後も週に2〜3回の頻度で使わないと髪色はキープできないと思います。

しっかり白髪が染まり、色落ちもしにくく長持ちするのは白髪用ヘアカラーです。染めてもすぐに色が落ちて白髪が目立ってしまうということに悩んでいるのなら酸化染料を使って染める白髪用ヘアカラーを選ぶようにしましょう。

2〜3週間もすると生え際の白髪が目立って困っている場合

どんなにしっかり白髪を染めても新しく生えてくる白髪は染まってませんから2〜3週間もすると生え際の白髪が目立ってきます。お金がある方はこの生え際の白髪を染めるために3週間おきぐらいに美容室へ行って染めることもできるわけですが、 一般の人は3週間に1度染めるというのは経済的に無理なはずです。

お金をかけない方法として自分でシエロやブローネ、サロンドプロなどの自宅用の白髪用ヘアカラーを買ってきて自分で生え際を染めるということもできないことはないですが2〜3週間おきに白髪用ヘアカラーを使うと髪はボロボロになってしまいます。

こんなときに便利なのが白髪用ヘアマニキュアです。というのも白髪用ヘアマニキュアは毎日使っても髪や頭皮に負担をかけないので、新しく伸びてきた生え際の白髪が気になったらすぐに染めるということが簡単にできるからです。

白髪用ヘアカラーはよく染まりますが連続して使えません。そのため3週間〜1か月もすると目立ちはじめる生え際の白髪を染めるのには使えないのですが、白髪用ヘアマニキュアなら連続使用ができるため髪色を常にキレイに維持できるんです。

髪や頭皮に負担をかけないということであればヘナもおすすめなんですが、いかんせん時間もかかるし、ニオイもきついです。粗悪品も出回っていることもあるので手軽さを考えると白髪用ヘアマニキュアを使ったほうが断然お得だと思います。

白髪染めの色落ちを早めてしまうシャンプーの存在

白髪染め後のトリートメントが色落ちさせず長持ちさせるうえで重要だということは最初にお伝えしたとおりですが、トリートメントと一緒に普段使うシャンプーにも気を使ったほうがいいんです。

特に白髪染め直後は、染料の影響で髪の毛がアルカリ性に傾いていることもあり、不安定な状態です。健康な髪というのは弱酸性なのでシャンプーも髪と同じ弱酸性のシャンプーを使用したほうがいいということがいえます。 白髪染めを使用した後は、3日ぐらいは弱酸性のシャンプーを使ったほうがいいと思います。

というか、キューティクルが回復してからも硝酸系の洗浄力の強いシャンプーではなく、ノンシリコンのアミノ酸系シャンプー(弱酸性)を使ったほうが髪にはいいです。

シャンプーによる白髪染めの色落ちや染まりにくさというのは白髪用マニキュアを使う場合に特に影響がでます。シリコン配合のシャンプーを使っているとすでに髪がシリコンでコーティングされていることもあって色が定着しにくいですし、 白髪用マニキュアで髪を染めた後もシリコン配合シャンプーによって色落ちが格段に早くなるんですね。

「色がなかなか入らない」「すぐに色落ちする」という理由が白髪染め自体にではなくてシャンプーにあったというケースは珍しくないので白髪染めを長持ちさせたいと思っている方はそのあたりも注意するようにしてみてください。

※参照サイト 白髪染め Q&A

サイトMENU

サイトMENU

Copyright (C) 2012 白髪染めを長持ちさせる方法についてお答えします。. All Rights Reserved.